えっ!着物の柄に意味なんかあるの!?

着物用のハンガー、「えもんかけ」

羽織をじょうずに活用してオシャレに着物を着こなす方法

安い着物でも多くの魅力が詰まっている事

着物をより美しく着こなしたいなら補正が重要

注意したい着物の収納方法について

季節に合わせた着物の楽しみ方

京都なら着物を思い切り楽しめるからおすすめ

着物にぴったりなヘアスタイルについて

印象を操ろう!着物の色と色合わせ

http://着物買取のオススメ業者.net/

えっ!着物の柄に意味なんかあるの!?

成人式、結婚式、葬式、様々な場面で着物を着る機会があります。現在では着物にも様々なバリエーションが増えたり着こなし方もアレンジが加わるようになったりと時代が変わってきたように思えますが、実は着物に描かれている様々な柄にはそれぞれに意味があるんです。例えば菊の花の柄は、葬式のイメージが強い花ではありますがとても高貴であり、慶弔どちらでも使うことのできる模様です。縁起のいい模様として使われています。また、蝶の柄もよく見かけることがあります。蝶は青虫から成虫へと大きく姿を変えるとして女性の美しさを表すことと同時に「チョウ」の音が「長」と同じことから長寿を意味します。よって蝶は年頃の若い女性におすすめの柄です。亀甲は六角形をつないだ幾何学模様のことを意味しますが、亀の甲羅に似ていることから長寿を表すものとされて、「子持ち亀甲」「花菱亀甲」「毘沙門天」など様々な種類があり、少しずつ意味が変わりますが、とても縁起のいいものであるのは間違いありません。 上記に挙げたものはたくさんの柄のほんの一部でしかありません。柄の意味に合わせて着物を着ることも一つ違った着物の楽しみ方になること間違いないですね。

飾っておきたいほど美しい着物